土地の買取王アイエー|土地の売却(売る)、査定なら株式会社アイエー!埼玉県川越市を中心に市街化調整区域などの土地を高価買取中!

「地鎮祭」の意義とは?施主の用意や段取りもまとめて紹介!

カテゴリ

更新:2021/06/01 内容を追加しました

こんにちは!

川越市アイエー本社のコラム担当のカンです!

今週のビッグイベントといえば、2021年5月26日に皆既月食とスーパームーンが重なるという貴重な天文現象が日本で観測できるそうです。20:09頃から始まる今回の皆既食では、月が「赤銅色」と呼ばれる色に変わり、天気の条件が整えば全国各地で観察することができます。次は2033年10月8日まで、日本でスーパームーンの皆既月食を見ることができないそうなので、この機会を逃さないように注意しましょう。

さて、月や月食は霊的な事象として古くから日本人の心に寄り添い、悠久の時を経て独自の文化観を形成していきました。同様に歴史的に日本人の心に根付くものとして、「神道の文化や祭式」が連想されると思います。今回は「土地」の「お祓い」をテーマに、「地鎮祭」の意義や段取りについてありがちな疑問をもとに解説していきたいと思います。

地鎮祭関連の頻出ワード

神道の行事には特有の用語が出てくるため、初めに頻出のワードを解説します。

初穂料(はつほりょう)新しく収穫したお米に代えてお金をお供えしますという意味があります。地鎮祭では神棚に収めるお金になります(栃木県神社庁HP参照)
玉串料(たまぐしりょう)初穂料と同様に、神棚に収めるお金です。玉串を供えると共にお金を添えるという意味があります。(栃木県神社庁HP参照)(↑玉串の写真)
氏神氏子が住んでいる地域をお守りする神社。古くは同じ一族(氏族)が祀っていた神さまを氏神さまといったが、のちに主として地域の守り神を意味するようになりました。氏神に守られている地域の人々すべてを氏子といい、住所によって氏神・氏子の関係が決まります。(岡山県神社庁参照)
施主(せしゅ)不動産用語では、建物の工事を発注した本人や組織のことです。
のし袋葬式や結婚式などの行事に際して、金銭を入れるための封筒です。のしは「のしアワビ」の略で、昔はあわびの肉を薄く切り、火のしを使って平らにのばし、贈答品に添えていました。(栃木県神社庁HP参照)
袱紗(ふくさ)祝儀や進物を包む際に使われる四角形の布です。

土地お祓いの歴史と現在

日本では古来より、あらゆるものに神が宿るという信仰がなされていました。自然を利用するときには神々の許可を得る文化が根付いており、土地のお祓いも神事の一環として民の間に浸透していきました。歴史書によると飛鳥時代には、藤原京の建設の際に地鎮祭を行っていたことが記録されています。日本の人々は古くから宮殿や神宮の建築に関しては、神職を呼んで土地の神々を祭っていたとされています。俗に建築の「三大祭式」と呼ばれる”地鎮祭(じちんさい)””上棟祭(じょうとうさい)””竣工祭(しゅんこうさい)”は今なお多くの人たちに必要とされる儀礼としてその形を残しています。

現在では新築住宅の中で約半数ほどが地鎮祭を執り行うそうです。どちらかといえば若者は地鎮祭の実施が少なめな傾向であり、全体としても儀式自体が省略されることも多くなってきています。

地鎮祭とは?その意義は?

地鎮祭とは、住宅や店舗などの建築や土木工事を行う際に、その土地に住む守護神を奉るための祭です。正しくは「とこしづめのみまつり」と読みますが、一般的には「ぢちんさい」や「ちぢんさい」と呼ばれます。

地鎮祭の意義としては

・土地や建物が永らく安全かつ強固なものであるようにと祈願する

・土地の守護神に土地利用の許可を願い求める

子孫繁栄、病や事故などの不幸に合わないように祈る

などがあげられます。

特に新築住宅の建造は人生の大きな節目となる大イベントなので、一家の主としての自覚を持ち、家族とともに気を引き締める貴重な機会であることを意識したいのです。

上棟祭(じょうとうさい)とは?

上棟祭とは、木造家屋の柱立ての最も高い横木である「棟木(むなぎ)」を設置する際に行われる神事です。工事の安全と建物の長久を願い、魔除けの飾り付けなどをします。式自体は神職抜きで行うことが多く、式後の「直会」では工事現場の職人さんたちに簡単なご祝儀や食事を振舞ったりする地方もあります。最近では略式上棟式や、そもそも上棟式を行わないことが主流となりつつあるようです。金額は大体10万~30万円ほどかかるので、特別な思い入れがある場合に執り行いたいです。

竣工祭(しゅんこうさい)とは?

竣工祭とは、工事関係者の方への感謝を示すとともに、工事が完了した暁に建物を祓い清めて末長い子孫繁栄を神に祈る祭であります。竣工祭(竣功祭)を「ことをえのみまつり」と読むこともあります。

落成式(らくせいしき)」は、ほぼ竣工祭と同様の意味を持ちますが、正確には神事を行わなず祝賀会中心の式を執り行う場合を指します。 建売住宅を購入するケースでは、地鎮祭ではなく竣工祭を行うことになります。地鎮祭と比べると実施しないケースが多いそうです。

どこの神社に依頼する?

地鎮祭はどの神社に頼んで執り行うのが正解でしょうか?

それを知るため、まず初めに

・ハウスメーカーが神社と提携している場合

・直接神社に依頼して執り行う場合

のどちらに当てはまるかを確認しましょう。

自分で直接依頼する場合には、各々の土地に「氏神様」と呼ばれる神社があるため、そこに依頼するのが一般的です。例えば、埼玉県内で土地の氏神様を確認したいという場合には各県の神社庁に直接電話を、神社の場所を知りたいという場合にはHPから検索することができます。(埼玉県神社庁HP

地鎮祭で事前に用意すべき物とは?

地鎮祭を執り行うにあたって、どのような用意が必要であるかは各地方や神社によって異なります。ハウスメーカーや神職と相談し、当日までに何が必要となるか事前に確認する必要があります

お金

地鎮祭を行う際には、玉串料(=初穂料、榊料)というお供えのためのお気持ちをのし袋に入れて渡します。(のし袋の書き方についてはまた下記で説明します。)神棚へ納める額として、大体2-4万の玉串料を包むのが相場となっています。祭式の合間に玉串料を奉納する場合が多いため、基本的には神職が到着したタイミングで渡すのが良いですが、地鎮祭で奉納しない場合には後で渡しても大丈夫です。

また、工事関係者の方にもお金を渡したほうが良いのか?という疑問もあると思いますが、一般的に地鎮祭で工事関係者の方へお金を渡すことは少ないです。お車代に関しては、お気持ちで用意しましょう。

お供え物

お供え物を施主負担で準備する場合には、占めて1万円ほどのお金がかかることが多いです。具体的には酒/米/水/山の幸/海の幸/野の幸を用意することになります。また、儀式用の竹などが施主の負担で必要な場合には別途一万円程度かかることもあります。

お供え物に関しては、施主負担の場合と工務店やハウスメーカー負担の場合があるため、事前に確認を取っておきましょう。

粗品

地鎮祭後のあいさつ回りをするときに近所の方へ渡すための手土産です。粗品はタオルやラップ・洗剤などの消耗品を渡すのが一般的とされています。粗品の価格は500円前後が相場です。

こちらも会社側が用意してくれるところがあるようです。

流れや所要時間は?

①手水 ②修祓 ③降神の儀 ④献饌の儀 ⑤祝詞奏上 ⑥散供の儀 ⑦草刈初の儀 ⑧穿初の儀 ⑨鎮物埋納 ⑩玉串奉奠 ⑪撤饌の儀 ⑫昇神の儀

といった流れで進行します。

穿初の儀」と「玉串奉奠」で施主にも役割があるため、個別で紹介します。

穿初の儀(うがちぞめのぎ)

「エイエイエイ」と叫びながら、クワで盛砂を崩していきます。土地の起工を神に知らせるための儀式といわれています。

地域によっては施主が「草刈初の儀(くさかりぞめのぎ)」を担当する場合もあります。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

1.玉串を両手で取る(右手が枝の上、左手が枝の下)

2.一礼し、玉串の根元を自分に向けて直立

3.根元が祭壇のほうを向くように玉串を(時計回りに)回転させ、祭壇に収める

4.二礼二拍手一礼

といった流れをこなしていきます。玉串奉奠は七五三や結婚式などで祝詞をもらう際にも行う儀式です。

 

地鎮祭の所要時間は30分〜1時間程度になります。式の段取りは、大体の場合神職が組んでくれるため、当日は特にスケジュール管理をせずに参加して大丈夫です。

日取り

良いとされるお日柄大安・友引・先勝
避けられがちなお日柄仏滅・赤口

 

一般的には、「吉日」の午前中に地鎮祭を執り行うことが縁起が良いとされています。

しかしながら関係者全員の日程を合わせ、地鎮祭を執り行うのは著しく困難であると思います。結局のところ、当事者の間でスケジュールを調整し、より良い時期で折り合いをつけていくことが大切です。そもそも地鎮祭は神道の行事であるため陰陽道を源とする六曜を持ち出す意味がない、と割り切る方もいらっしゃるようです。

参列者

最小限の場合は、神職と施主及びハウスメーカー代表者のみ参加という形で行うこともできます。

施主の家族が参列するかは自由です。少し長い儀式になりますので、無理にお子様を参加させないでおくことも、健康上大切かもしれません。親族の招待は任意ですが、一家族で行うことも多いため無理に日取りを合わせてまで呼ぶ必要はありません。

服装

個人宅で行う地鎮祭の場合は、かならずしも礼装である必要はありません。あいさつ回りもあるためスーツなどがあればベストですが、普段着でも十分といえます。写真撮影の機会もあると思いますので、襟付きの服などがあれば無難です。ただし最低限の礼節は守って儀式に臨むことが重要となりますので、短パンやタンクトップなどを着用しての参列は控えましょう。

会社関係の地鎮祭の場合は、スーツでの参列が基本となっています。

のし袋の書き方は?

のし袋とはお金を入れた「中袋」を包む封筒のことです。

① のし袋の上部に(御)初穂料(玉串料/榊料)と書きます。どれを書いても間違いではありません。礼儀として筆ペンやサインペンで書くのが一般的です。

② 水引には蝶結び・結び切り・あわじ結びの3種類がありますが、地鎮祭では画像の紅白の蝶結び(またはあわじ結び)が使用されます結び切りは結婚式などのように、二度とくり返してはいけないことに使われ、蝶結びは何度もくり返してよい一般的な祝い事に使います。水引を取り外せるものが好まれて使われます。

③ のし袋の下部に氏名を記入します(名字だけの記入も可です)。家族などと連名の際には、横に名を連ねて書いていきます。企業として出す場合には会社名(と社長の名前)を書く場合もあります。

近所へのあいさつ回りは必要?

地鎮祭を行った後には近所のお宅へあいさつ回りをすることが通例となっています。挨拶自体は、ハウスメーカーの方などと一緒に回ることが多いようです。工事で騒音が発生することや工事車両が止まることのお知らせもかねて、地鎮祭の後にはできれば挨拶に行きましょう。

・向かいの3軒/両隣/裏側の3軒

計8軒にまであいさつ回りをすることが多いです。

引っ越し時に再びあいさつをすることになるため、今後の近所づきあいなども考えると簡単な挨拶だけでいいので顔を出しておくことが無難でしょう。

土地買取ならアイエー!

今回は「土地のお祓い」に関して「地鎮祭」のコラムを執筆しましたが、ご理解いただけましたでしょうか?土地のお祓いの歴史は深く、我々にとっても気持ちを切り替える貴重な機会です。準備やスケジュール調整は大変ですが、後々になって土地の悩みを残さないために後悔しない選択肢を取りたいものです。

さて、土地のお悩みといえば、所有地の売却に関する問題がありますね。土地売却に関して疑問をお持ちのお客様は土地買取を得意とする不動産屋に相談してはいかがでしょうか?我々アイエーは、埼玉県川越市を中心に土地高価買取を行っております! 

特に市街化調整区域の売却をお考えの方は是非、埼玉県川越市の不動産会社アイエーご相談ください!無料ネット査定は下のフォーラムよりお待ちしております!

↓ ネット無料査定サイトは下の画像をクリック! ↓

アイエー土地買取ナンバーワン宣言!

他社で買い取りを断られた土地を売りたい

相続問題で早急に土地を現金化したい

農業を引退して使わない農地を活用したい

査定なら株式会社アイエー!埼玉県川越市を中心に市街化調整区域などの土地を高価買取中です!

簡単!2分で無料土地査定も可能!

住所と平米数などの簡単な項目を以下のフォームに入力するだけで、土地の査定が完了します!!

まずは無料ネット査定からお試しください~♪

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 \ \ \ 査定サイトはこちら「アイエー土地査定ネット」/ / /

更新:2021/06/01 内容を追加しました

関連記事・おすすめコラムはこちら!

前回のコラム:【賃貸】退去で損をしないためのコツを体験談をもとに解説!

おすすめコラム:事故物件の定義とは?心理的瑕疵と告知義務について解説!

おすすめコラム:【市街化調整区域】売買しやすい、しにくい物件

 土地査定.net